HOME > 表面加工について

表面加工について

商品イメージをさらにアップするのがパッケージの表面加工です。
当社では様々な表面加工のご提案をしています。

つや出し加工

OPニス・水性ニス

表面に透明な樹脂を塗りツヤを与え、色落ちを防止します。
キズ、汚れ防止機能は他の表面加工より劣ります。

プレスコート

強い光沢を与え充分な高級感が得られます。
印刷面の保護もOPニス・水性ニスよりもあります。
こちらは特に水分を嫌いますので注意が必要です。

UVクリア

UV印刷によるニス加工です。
プレスコートよりも低コストで加工ができ、キズ、汚れにも優れています。光沢もプレスコートに負けない質感を出せます。

クリア(PP・PET)

印刷面にフィルムを貼り合せる加工です。
プレスコートより更に強い光沢とキズ、汚れからの保護強度を上げます。プレスコートよりさらにグレードの高いものです。

ホログラム

表面にホログラム(光の角度で7色に変化します。)加工を施します。きらびやかな仕上りになります。

ホログラム柄見本
ホログラム柄見本

つや消し加工

マットニス

OPニスとほとんど同じですが、こちらはツヤ消しになります。色が深みのある落ち着いた風合いになります。

マットビニール

マットニスよりさらに深みのある落ち着いた高級感ある仕上がりになります。綺麗なツヤ消しになる分キズが目立ち易いというデメリットもあります。

マット(PP・PET)

クリア(PP・PET)と同じフィルムを貼り合せる加工です。
こちらはツヤ消し効果があり、マットビニールよりも更に落ち着きのある高級感の上りになりますし、キズにも目立ちません。マットビニールよりさらにグレードの高いものです。

UVエンボス加工

UV印刷の特性を生かした加工です。
表面に凹凸を出してボリュームを持たせた高級感ある風合いがあります。

箔押し

箔押しの魅力は印刷加工では出せない鮮やかなゴールド色、シルバー色を表現できることと、凹凸感を出せるのが特徴です。
色もゴールド、シルバーはもちろん、ホログラムなどの様々な色があり、高級感を出したいときには最適な加工方法です。

箔押し見本
箔押し見本

箔押し(顔料箔)

顔料箔を使用した箔押しです。
通常の箔押しよりも光沢が少なくなります。お酒箱のタイトルなどによく使われます。

箔押し(顔料箔)

浮き押し加工

基本的に箔押しと同じ加工ですが、こちらは箔を使わずにカラ押しをすることで凹凸を付ける加工です。
派手さはありませんが、さりげない高級感を与えることが出来ます。

箔押し+浮き押し加工

箔押しと浮き押しを合わせた加工です。
箔の輝きと浮き押しの凹凸でさらにインパクトを与えます。